忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

STEINS;GATE 第09話 『幻相のホメオスタシス』

9c8c1e8f.jpg













AD 2010.08.06 13:07
これまでの実験の結果から、Dメールが過去に送られていることは実証されました。フェイリス杯の件で結果が変わらなかったのはダル自身の問題で
ルカ子の件も含めて考えれば、精度に問題はあるものの、「改良すれば本物のタイムマシンが完せ…」「タイムマシン?」迂闊な発言をした岡部。
二人が会話をしていたのはメイクイーン+ニャン2であった為、重要な会話をフェイリスに聞かれてしまいました。それに喰いついたフェイリスは
「タイムマシンって何のことかニャ?」と岡部に色仕掛け攻撃。「でたーっ!秘技、目を見てまぜまぜ。うらやましすオカリン、爆発しろーっ!!」
しかし、そんな色仕掛けも岡部は全く効かず…。ということで、フェイリスはターゲットをダルに変更。「ふん…ダルが俺を裏切るとでも…?」

「過去にメールを送れるマシンを作ったお。主に僕が」
「秒殺にも程があるっ!!」
「過去に……メールを?」

bcc58b8a.jpgdb02e670.jpg












357309bb.jpg751aa302.jpg













「どうしてそういう風にとるの?私はただ……違うそんなつもりじゃ…! 私は……」


ラボの屋上。岡部が洗濯物を干しに行くと、誰かに電話をしている紅莉栖がいました。岡部の存在に気づいた彼女は何も言わずに屋上を後にします。
しかし後ほどラボに戻ってきた彼女は岡部の前に立ち「泣いてない。別に泣いてなんてないから!」「どう見ても泣いてただろ、まだ目が赤いぞ」
とは言いますが別に追求するつもりはありません。しかし紅莉栖はやはり我慢する事ができず、うーぱぬいぐるみに顔を埋めて泣き始めました。

「これだけは言っておく。お前は大切な仲間だ。相談にはいつでも乗る」「岡部……」

「フフフフフフフ…。計画通り、コロリと罠にはまったぞ。ああ。これで徹底的にこき使えるというものだ。フーッハハハハハハ――!」「おい…」
その後はいつもの調子で「報告」を始める岡部。でも、このふざけた態度の部分も含めて、彼女を励ます為の彼なりの優しさなのかもしれません。
一方、メイクイーン+ニャン2の更衣室では、フェイリスが休憩に入ったまゆりにタイムマシンの事について尋ねてしました。それを聞いたまゆりは
電話レンジの事について彼女に話しますが、同時に顔を曇らせながら、あまりこういう事はして欲しくないとも言います。「どうしてニャ…?」

「なんか…オカリンが、遠くに行っちゃう感じがするのです」

bc6e9e36.jpg284102c3.jpg87a7460e.jpg








24d2b1ce.jpgc5c6f9d1.jpgb25d7d07.jpg









ラボでの円卓会議。今日は登校日だったということでまゆりのリアル制服姿に興奮するダル。今日の議題は…「ズバリ、物理的タイムトラベルだ!」
「……まゆり。麦茶、冷蔵庫にまだある?」「ちょっと待っててね」「完成度高…」一同総スルー。更に紅莉栖はそんな可能性はないと断言します。
送れるのは36バイト+α。六文字×3通。それ以上を試したければ自分で実験してみればいいと彼女は言います。「ゲルオカリンになっても良ければ」
物理的タイムトラベルの難しさはSERNの実験が証明しています。世界最大のLHCを使っても成し遂げていない物をこんな設備でできるわけがない。
しかし、実際にDメールは送られています。SERNはブラックホールとリフターの力でタイムトラベルを可能にしようとしているようなのですが、
それならこの電話レンジ(仮)も原理は同じはず。ですがこのレンジの中には、そのリフターに相当するものが見当たりません。メールの送れる時間も
まだ限られており、だから紅莉栖は先に進む前に今あるものの解明が先だと主張します。「つまらん!」「あんたも科学者を自称するなら…」

「科学者ではない!マッドサイエンティストだと言ってるだろうが!」「駄目だこいつ。早くなんとかしないと…」

「貴様、まさか…」深まる紅莉栖の@ちゃんねらー疑惑。「うるさい!それ以上言うな!そんなわけないから!」ともかく岡部は報告を続けます。
「SERNサーバー内にあったデータの翻訳状況はどうなっている、クリスティーナ? ……もとい、”ねらー”よ!」「だから違うって言ってんだろ!」
「の割にはID真っ赤に…」「してない!…と、特に報告することはないわ」「そうか。引き続き調査を頼む。…ねらーよ!」「ねらーって言うな!」
そして、ダルの方もハッキングの状況は変わりないようで、別サーバーにある謎のプログラムを解析しないことには状況は変わらないと言います。
「IBN5100での解析は?」「それができれば言うことなしなんだが」「どういう事だ?」ここで岡部はダルの発言が何かおかしい事に気がつきます。
「IBN5100はどこにある!?」「僕が知るわけないっしょ」もともとIBN5100があった場所。そこには何もありません。今いる世界線、ここは…
IBN5100を見つけていない世界線になっていたのです。そうして岡部から話を聞いて大体の事情を把握した紅莉栖は一つの可能性を示します。

「バタフライエフェクトよ」

1923bb63.jpg01934546.jpge09a602a.jpg








f2b75c25.jpg40a53a4f.jpg74e46ccc.jpg









「北京で蝶が羽ばたくと、 ニューヨークで嵐が起こる」という言葉があるように、過去に些細なメールを送ることで、そこから世界線は分岐します。
一つ一つは本当に些細なことかもしれませんが、それは玉突きで次の変化を起こし、次第に大きくなっていく過去改変のリスクの一つのことです。
ではIBN5100はどこにいったか。それがあったはずの柳林神社に連絡してみて、確かに奉納されていたものの、現在はないのだという情報を得ます。

「でも神社にパソコンを奉納するなんて不思議だね。誰がそんなことしたんだろう?」

その頃、メイクイーン+ニャン2にて休憩をとっていたフェイリスに、同僚から今度のイベントでの”メイドさんへの10の質問”の案が渡されます。
そこには、“過去に戻って一つだけやり直せるとしたら何をしますか?”という質問も含まれていました。「フェイリスはー…過去は振り返らないニャ」
前を向いて歩いて行くのが皆に幸せを届ける猫耳メイドの使命だと言うフェイリス。ちょうどそんなところに岡部から電話がかかってきました。
IBN5100を柳林神社に納した事実があるのかどうかの確認をとる岡部。「……凶真、それはさっき言ってたタイムマシンと何か関係があるニャ?」

街中。店先のショーケースに飾ってあるメタルうーぱに見惚れるまゆり。やはりこの世界線でのまゆりはメタルうーぱを手に入れていないようです。
とりあえず岡部はIBN5100についての詳しい話は自宅に来てくれたら話すと言われ、フェイリスの自宅へと向かう途中であり、それに同行するのは
まゆりと「フェイリスたんの自宅と聞いたら凸せざるを得ないだろう、常考」と語るダル。呆れる岡部ですが、その時どこからともなく「IBN5100」
との呟きが聞こえてきました。その視線の先にいたのは閃光の指圧師こと桐生萌郁。彼女の姿を発見した岡部は、すぐに彼女の後を追いかけます。
ようやく追いついた岡部が、萌郁にIBN5100について問いただそうとすると「知ってるの?どこにあるのか?」と彼女もそれを知らないことが判明。
ところがあの時から世界線が変わっているので、遅れてやってきたまゆりやダルは萌郁の事を知っていました。彼女がDメールを送った段階では
彼女の存在は皆の記憶から消えたはず…。つまり、ルカ子のDメールによって再び萌郁を知っている状態に事実が少しずつ変化したということです。

08c1bb14.jpgb7e3fe1f.jpg86a06f49.jpg








28f2a674.jpg6cdfaf47.jpg890066b5.jpg









そしてようやくたどり着いたフェイリスの自宅。それは高層マンションの最上階でした。さらに喫茶じゃなく本物の執事までいるという富豪っぷり。
「見ろ。人がゴミのようだ。いい眺めだ」岡部が至福の時を過ごしている最中、私服姿のフェリスがやってきます。彼女の正体を岡部が問うと、
「フェイリスはぁ……フェイリスニャン!」彼女の家はここら辺の大地主であり、本名は秋葉留未穂(あきはるみほ)と言います。このアキバに
萌え文化を取り入れるようにお願いしたのも彼女なんだとか。「皆も今まで通りフェイリスLOVEで接して欲しいニャン」「接します!全力で!!」
そんなフェイリスはIBN5100について話す代わりに、一度だけDメールを使わせて欲しいとお願いします。しかしDメールは部外者には絶対秘密。
それ以前に、これ以上Dメールを送るのは危険なのではないかという気持ちもあります。しかしこのままではIBN5100の情報が手に入らないので、
少しでも手がかりに繋がるならと岡部はそれを許可。「お前は今日から、ラボメンNo.007、秋葉留未…」「あーあーあー聞こえない!」

彼女がメールを送るのは十年前。メールの内容は……「秘密だニャン」乙女のプライベートは男子禁制ニャということで、それ以上は追求できず…。
設定を頼む為に紅莉栖に電話をかける岡部。『ハロー』「俺だ、そちらの状況を伝え…」―ブチッ―態度が悪すぎて電話を切られてしまいます。
その後も高圧的な態度で電話をかけ続け、何度も何度も切られ続けた結果……『ハロー』「わ、私、岡部倫太郎と申しますが…」『何?』
「電話レンジ(仮)の設定を、先ほどお送りさせていただいたおメールの通りにお設定してお起動していただきたく思うのですが」敬語がおかしいよ。
ともかく、何とか無事に起動してもらえる事になりましたが、文面を考え終え、いざ送信ボタンを押す段階になって、フェイリスは迷い始めました。
「やっぱりメールはしなくても…」しかし、放電が始まった事が告げられ、岡部に促されるがまま彼女は送信ボタンを押すことに。そして――


     0.456903   →   0.409420     


a16d9b6f.jpgdfdcbe22.jpg












37f8c071.jpg3ca797a0.jpg













――また世界線が変わりました。目の前には見知らぬ男性が立っています。「パパ!」そして嬉しそうにその父親である男性に抱き付くフェイリス。
そして岡部はIBN5100の事について彼に尋ねますが、それはもうずいぶん前に手放したと言います。どうやら神社に奉納したわけではないようで…。
そもそも神社に奉納されていないという風に過去が書き換えられていた事を含め、(俺の知らないところでも、何かが変わっているのかもしれない)

(もしかしたら……俺達はもう……取り返しのつかないことを……)

…そんな帰り道。まゆりは欲しい同人誌があるので中野に寄ると言います。話を聞いていると、「とらのあな、こっちの方にもあればいいのにな…」
と変なことを言うまゆり。「何を言っているのだ。とらのあななら、そこに……」岡部が指さそうした先にとらのあなは……ありませんでした…。


アキバは、アキバでなくなっていました…。
岡部はすでにもう取り返しのつかないところまで来てしまっていたのです……


PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

名前 : クロー
性別 : ♂
出身 : 関西のド田舎
職業 : 学生
趣味 : アニメ鑑賞・ゲーム
目標 : まったり更新

自己満 糞サイト乙ですが
コメントは励みになったりします(*´∀`)
ご用件があればとりあえずこちらにどうぞ
always.claw@gmail.com

管理人のぼやき

最近すごく忙しくなってて
また何日か更新できないかもしれません
申し訳ないです…orz

2011/07/08/22:29

最新コメント

[07/05 まさむね]
[06/25 ダムダム人]
[06/24 まさむね]
[06/19 まさむね]
[06/09 まさむね]

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析