忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

俺たちに翼はない 第07話 『栄えある王の凱旋だ!』

6e46ca6b.jpg













「ドキッ!まるごとサンタ!女だらけのクリスマスパーティー!」

久しぶりに帰ってきたアバン妄想劇場。『俺たちに翼はない』はシリアス展開へと移行してエロが減ったと思いきや、そんな事はなかったみたいです。
みんなセクシーサンタコスプレでサービス満点なんですが、ここでさらに上の方から、露出が足りないとの通達があり、番組のサービス要員である
日和子が代表で露出を増やす方向で話を振る明日香でしたが、そこに、自称サービス要員ナンバーワンを名乗る山科京(やましなみやこ)が突然現れ、
超セクシー衣装で大暴れ…って山科京って誰?そしてこの意味不明な妄想劇場は前回登場した伊丹伽楼羅(いたみかるら)が見ていたテレビ番組でした。

9a23f375.jpg879177cb.jpg7d4a542e.jpg








84075e5a.jpg0438c38a.jpg9c1e70f7.jpg









グレタガルドの王を名乗るガルーダ・ダークブラックこと伊丹伽楼羅は落ちる隼人を底知れぬ魂の冥府へと帰し、自らが王座へとつくことにします。
翔は伽楼羅のことを気に入っており、同時に彼をうらやましくも思います。過去のトラウマの影響からか、閉じられた世界への憧れもあるようですが、
長い間、隼人や鷲介をずっと監視していたと言う翔は、彼らは彼らで面白かったけれども、やはり伽楼羅は別格だと言いました。その言葉を聞いて
長らく敵地に潜り込んでいるフェニックス(翔)は故郷が恋しいのだと悟った伽楼羅は彼に懐かしき故国グレタガルドの話をしてあげることにします。

『余程嬉しかったのだろう。彼は産卵するバジリスクのような声をあげて笑った…。私も負けじと軍艦亀のような声をあげて笑った』

「栄えある王の凱旋だ。兵を集めよフェニックス」
「その点は抜かりねぇ。王よ…貴様は第一に何を欲す?」
皇帝モードになった翔は彼に尋ねます。
「余の存在意義は憎悪と怨嗟。我が国土を蹂躙した怨敵を皆殺しにしてくれるわ!」
「いい答えだ。だが敵軍の占領下で派手に動けば、官憲に捕えられ、生き地獄へと放り込まれるぞ」
「ムムッ、それはいかん! 俺は勇猛果敢だが、地獄の闇とオークの口臭と仲間外れだけは弱いのだ。ななな何とかしてくれ」

というわけで、皇帝モードの翔の計らいで、まずは隼人にしか見えないその見た目を変える事になり、森里たちに伽楼羅の望む衣装を調達させます。
が、彼らはコスプレパーティーの衣装と勘違いし軽いノリ。翔にモンキホーテで調達してきたバニーを勧めるバニィDは当然、彼にボコられました…。

c21d8960.jpga68f7031.jpg38e373a8.jpg








b0c4d2e3.jpg308fe162.jpgc222faeb.jpg









伽楼羅の着替えも完了し、道のど真ん中の邪魔な場所でクリスマスパーティ開始。何だか浮ついているYFBやR-ウィングの面々を見て呆れる伽楼羅。
「たるんでおる。兵も民も戦を前にしながら皆たるみきっておる。のう…スノーマン」と傍にある大きな雪だるまのオブジェに向かって話しかけます。
しかし、当然返事はなく、おい!聞いているのかスノーマン!!」と突然キレる伽楼羅。そんな彼を止めようとするチケドンとLR2001でしたが、
彼の暴走は止まらず…。「ええいスノーマン!そなたのブリザードブレスで頭を冷やしてやるのだ!!」当たり前ですがスノーマンは動きません…。
チケドンもLRも彼のことをただのヅラをかぶった隼人だと思っているようですが、翔はそれは伊丹伽楼羅であり、新たな皇帝だと改めて説明します。

一方、周りがカップルだらけで、僻む森里とR-ウィングの咲夜が衝突していると、蛎崎うにのコスプレをした、同じくR-ウィングの狂夜が横ピース。
…しかし、森里らは無反応。それにショックを受けてバニィDと同じく翔にボコられたチケドンの傍に倒れこむ狂夜。二人の口論を聞いていたLRは
「女の事なら俺に任せな、ロスじゃ100人やり倒したぜ、ついてきな、大統領のカミさんでもまわしに行こうぜ~♪」と言って近づいてきます。
ところがそれを聞いていた伽楼羅に、「まわすとはなんだ?」詳しく説明しろと迫られ、途端に素に戻るLR。答えに困った末、性教育の本を手渡し、
伽楼羅はさっそくそれを熟読。男の子と女の子についてを学んだ伽楼羅、何を言い出すかと思ったら…「射精がしたい」周りのみんなはドン引き…。
「奈落の名にかけて、余も射精とやらをしてみたい!王が童貞では国の沽券にかかわる。余は射精がしたいのだ!!」それを訴えかけていたところで
プラチナがやってきます。伽楼羅の事をドラ(隼人)だと思っている彼は71番目の彼女を紹介しようとしますが、「貴様もヤりまくりか」と言って
伽楼羅は彼の顔面にケーキを投げつけました。皆もその意思に従い、次々とケーキを投げつけます。そこからケーキ投げ戦争みたいなものに発展し
そんな派手な騒ぎをしているところへシークレットゲストのハリュー・クロード(針生蔵人)もやってきて、翔は彼にも容赦なくケーキを投げつけます。

「人を呼びつけといてこの仕打ち。宣戦布告ってことでよろしいか?」「こいつがな」「えっ、俺?」


―――――――――――――――――――――身長140cmの世界―――――――――――――――――――――

芝生の上で笑いころげた 泥を被って走りまわった バスもメトロも無賃で乗れた
ミニチュアカーなら百代集めた 空想一つで月まで行けた 人力二輪は音速だった
下品な言葉も平気で叫んだ ○んこ ○んこ ○んこ ○んこ 朝から晩まで ○んこ ○んこ
西へ東へ ○んこ ○んこ 老いも若きも ○んこ ○んこ みんな 大好き ○んこ ○んこ
腐った社会に ○んこ ○んこ ○んこ ○んこ ○んこ!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

( ゚д゚)ひでぇ歌だ…。そんな歌の合唱で大盛り上がりの一同でしたが、街中を走っている途中、伽楼羅はプリンセス・ダヴ(小鳩)の姿を見つけます。
彼女を守るということが何事においても優先されるべき使命であった伽楼羅はパーティをきりあげる事を告げました。「余は急ぎ城へ帰るぞ!」

cdaf44e6.jpg5c007e75.jpg1bd1cca9.jpg








8a926a2b.jpg47aa6a46.jpg6ba93b7a.jpg









楽しい一日を終え、翔たちとまた遊ぶ約束をした伽楼羅は羽田家へと帰宅します。「誰ぞ!誰ぞある!王の凱旋であるぞ!者ども、とく出迎えよ!」
それを出迎えるのは小鳩。彼女も最初は目の前の人物がどの人格なのか分からなかったようですが、「あ、あの…もしかして、伊丹さんですか?」
とりあえず玄関だとあれなので、上がって待つようにと小鳩が言うと、伽楼羅はすぽんすぽんと靴を脱ぎ、服まで脱ごうとしますが、止められます。
「ふーむ、我が忠義の証をお見せできずに残念だ。どうも今日はホーリーランスの具合が悪くて困るのぉ。早く私も射精をしてみたいものだ…」
相変わらずの彼の言動に小鳩は若干引きつつもすぐに、ちょっと驚いただけで伽楼羅は悪い人ではないとフォローします。伽楼羅に遠慮しながら
慌ただしく両手を振って否定するダブ(小鳩)。相手を立てることを決して忘れない、とても心奥ゆかしい少女なのです…。そんな彼女の固い笑顔に
見入っていると、伽楼羅は徐々に穏やかで温かな気持ちになっていきました。もしやこれこそが恋という感情。そう感じた伽楼羅は小鳩の前に跪き…

「結婚を前提に性交してください」

小鳩が驚いていると、伽楼羅は「童貞が子孫を残す事は不可能だとお思いか」と聞いてきます。「私、良い子なのでそういうの全然分かりません!」
答えに困っていると、御身はもう立派なレディなのだと言いながら、小鳩の胸を揉みまくる伽楼羅。規制の白い帯が凄すぎて全然画面が見えん……。
そうして勝手が過ぎる伽楼羅に小鳩は注意を加え、無断外泊はダメだと言います。伽楼羅がそれは夜の戦士であるファルコンのせいだと言いますが、
小鳩は、皆が共存しているんだから屁理屈は認められない、全員できちんと話し合うように言います。しかし、伽楼羅はそれは心配ご無用だと告げ

「この私が玉座に返り咲いた以上、もはや他の者に明け渡すつもりはございません」

煩わしい交代など、金輪際起こりえない。その言葉に小鳩は動揺します。「…じゃあ、私のおにいちゃんは?」無論、羽田鷹志も例外ではなく……

「違う!その人じゃなくて、本当のおにいちゃんは!?」鷹志でも鷲介でも隼人でもない…本当のおにいちゃん…最初からいた人。

acaede2b.jpg250eb18c.jpg













小鳩曰く、小鳩の兄は自分から引き籠もってしまっている様子…。兄が引き籠もってしまったのは自分のせいだという小鳩を見て伽楼羅は思います。

彼女の力になりたいなあと私は思った
いつもいつも、誰かをやっつけてやりたいと思っていた私にも

たまには誰かを喜ばせてあげる事ができないものだろうか…

ムリかなあ…でも、助けてあげたいな……だから私は行くことにした…

お風呂を見てくると言ってその場を立ってしまった小鳩。彼女の涙を見た伽楼羅はようやく手に入れる事ができたその身を明け渡す決意をしました。

御身のささやかな願い、我が身に変えても叶えて見せましょう
なぜなら、私は、我々は彼女を悲しませない為に生まれてきた存在なのだから…

たとえ再び無限地獄に堕ちようとも……すまない、フェニックス、約束は守れなかった…

小鳩様の…世界が平和でありますように…


PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

名前 : クロー
性別 : ♂
出身 : 関西のド田舎
職業 : 学生
趣味 : アニメ鑑賞・ゲーム
目標 : まったり更新

自己満 糞サイト乙ですが
コメントは励みになったりします(*´∀`)
ご用件があればとりあえずこちらにどうぞ
always.claw@gmail.com

管理人のぼやき

最近すごく忙しくなってて
また何日か更新できないかもしれません
申し訳ないです…orz

2011/07/08/22:29

最新コメント

[07/05 まさむね]
[06/25 ダムダム人]
[06/24 まさむね]
[06/19 まさむね]
[06/09 まさむね]

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析