忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神のみぞ知るセカイII 第03話 『地区長、来たる。』

143c1900.jpg













「拘留ビンに自分が入るなんて、お前、授業でも同じことやってたわね」「あ!ハクア!」

ハクア!ハクア!ハクア!ハクアあぁああああぁああああああああああああああああああああああん!!! あぁああああ…ああ…あっあっー!
あぁああああああ!!!ハクアハクアハクアぁああぁあぁああああ!!! ハクア可愛いよおおおおぉおおおおハクアああああぁあああああああ!!
全国のハクア好きの皆様!お待たせしました。ついにテレビで動くハクアが見られますよ!正直な話、思ってた以上にかなり可愛かったです。
何が可愛いかって、もう何というか全てが可愛いよねハクア。はやみんの声も合っててよりハクアを完璧なものに仕上げているというか何というか…。
なんだかハクアばっかりプッシュしてますが、内容に関してもすごく良かったので、こっちの方もきちんとまとめて書いていきますよ。

e0e21a42.jpg5e790bb9.jpg












bea40f5a.jpg0bc06b2b.jpg













「討伐隊極東支部、第32地区長。ハクア・ド・ロット・ヘルミニウム。私、地区長なんだから!」

同級生だったハクアと久々に再会したことで無邪気に喜ぶエルシィ。一等公務魔であるハクアは討伐隊極東支部第32区地区長になっていました。
ちなみに、エルシィは三等公務魔。ハクアの大出世をまるで自分のことのように喜ぶエルシィですが、「全然凄くないわ」と彼女は言います。
「だって私には……1番が普通なんだから(キリッ」「かっこいい!神様みたい!」「神様?」そう言うハクアにエルシィは桂馬を自分のバディだと紹介。
握手してあげてもいいと言うハクアでしたが、桂馬はハクアを完全無視。「電波が悪い」と急に妙な動きをしたかと思えばPFPを天に向けてかざし
「今、空からイベントが降ってくる」と一言。どうやら時限ネットイベントの回収の為に電波を受信していたようで、機能の不満を口にします。

桂馬のことを大体把握したハクアはあのバディじゃ駆け魂集めも大変だろうと笑い、安心したように駆け魂を何匹捕まえたのかエルシィに尋ねます。
他の人の成績を知らないエルシィは、「ハクアはどれくらい捕まえたの?」と若干の劣等感を感じながら質問を返しますが、ハクアは目を逸らして
「わ…わたしは……じゅ……十匹かな」と何か含みのある感じで答えました。やっぱりハクアは凄い!それに引き換え自分はまだ五匹…。
そんなエルシィに「五匹も捕まえたの!?」と驚くハクア。しかしすぐにエルシィが嘘をついていると思って笑います。二ヶ月で五匹も捕まえたなら
悪魔重勲章がもらえるレベルだとか。それを聞いて「じゃあ、ハクアは勲章二つだ!」と喜ぶエルシィを見て、彼女は罰が悪そうな表情を見せます。
そんなところでドロドロドロドロ…とドクロウ室長から緊急の用件が入ります。どうやら他の地区のバカがスキマから出した駆け魂の捕獲に失敗し、
それがこちらに逃げてきて隠れている間にかなり力を溜めて強力になっているのだか。ということでエルシィは早急にそれを捜しだすことに…。

「まったく。どこのバカが逃がしたのかしらね」

18dfa6bf.jpg3d91344e.jpg29c46a74.jpg








74f87c30.jpgf500f5fb.jpg1307e3ca.jpg









「こんなはずじゃ……なかったのに……」

一緒に探しに行こうというエルシィの誘いを断ったハクアは校内で迷子になっていました。何もかもが思い通りにいかないことに落ち込む彼女…。
「手伝ってやろうか?」そんな彼女に声をかけるのは、PFPの電波の状態を気にする桂馬。手を貸すという彼に何ができるのかと笑う彼女に対し
情報さえあれば分からないと桂馬は言いますが、人間ごときに手伝ってもらうということはハクアの上級悪魔としてのプライドが許さない様子。
「安心しろ。駆け魂を逃がしたのがお前だってことは、エルシィには言わない」「え…?」エルシィの目は誤魔化せても桂馬にはバレバレでした。
そうして桂馬は無事にイベント回収を達成。その後、ハクアがエルシィに会う前に何かを追っていたこと、それを彼女には言わなかったこと…
極秘の命令だったという線は先ほどのドクロウからの連絡でなくなった…とハクアが駆け魂を逃がした張本人であると予想される理由を説明します。
ハクアはそれに反論できず…。(何者なの?コイツ…)と桂馬の雰囲気がさっきまでの腑抜けた様子とは全然違うことに驚きます。

するとそこに、空からエルシィが降ってきます。彼女が見てきた方向には駆け魂はいないようですが、ハクアはエルシィの着地の仕方が悪いと注意。
今まで、何度も彼女に着地の時の減速のコツなんかを教えてあげたりしていたハクア。何だかんだでハクアはエルシィの事を心配しているようです。
そうしてエルシィは駆け魂をすでに十匹も捕まえていると思っているハクアのことを完璧な悪魔だと言って満面の笑顔を見せるのですが……
「優等生衝撃の新事実、その耳寄りな情報をワンクリックでご提供しましょう」背後から桂馬が秘密をばらそうとしたために、焦ったハクアは
それ以上言わせないために桂馬をぶっ飛ばし、エルシィに別の場所を探すように言います。これで犯人が彼女であったことが決定的になりました。
しかしそれをどうこうするつもりは桂馬にはなく、単に一刻も早くこのゲームから開放されたいだけだと考える彼はハクアに詰め寄ります。

「それには情報が必要なんだ。エンディングにたどり着くための情報が…!」

46cb072e.jpgc7e335f0.jpgb0eac998.jpg








c0ada0d7.jpgd7bf5ba2.jpg08b01c1b.jpg









自分より、一枚も二枚も上手な桂馬に翻弄されまくりのハクア。駆け魂を見つけたら殺してやると凄みますが、桂馬はそれも彼女ができない事を
見通していました。桂馬が死ねばエルシィも死ぬ。ハクアが親友であるエルシィを殺すようなタイプじゃない事も桂馬には全部分かっていました。
「あんなの別に親友じゃない!」「ほう…親しくない者に減速のコツを何度も教えるのか…」「わたしお前嫌い。握手してあげないわ!」

そして今回の駆け魂は、大分育っているから既に人の体のスキマに逃げ込むのは無理なのだとか。だから早く捕まえないと、力をつけていて危ない。
でも駆け魂は悪人の魂だから、力をつけたところで所詮は人間だと、そんなに心配していない桂馬でしたが、それは違うとハクアは言います。
「駆け魂は…悪魔にとっての悪人…悪魔の魂なの」ハクアやエルシィたちとは違う、古の地獄、人の悪を育て、その邪な魂を糧とする本物の悪魔。
かつての地獄は、そんな悪魔達の住処でした。しかし、それを良しとしない者たちがおり、彼等は古い悪魔を封印追放し、新しい地獄を作り上げ、
それが理性と秩序を守るエルシィやハクアのような新しい悪魔の時代になったとのこと…。しかしハクアが話し終わらないうちに桂馬はPFPに没頭。

ようするに復活を画策する彼ら古い悪魔=駆け魂は地獄から逃げて人間の心のスキマに住みついて、負のパワーを吸収しながら成長していく。
それを引っ張り出し拘留するのが、エルシィたちのような駆け魂隊の役目。まるで聞いていないようで桂馬も大方の設定は把握していました。
これで過去の攻略で起きた変な能力も説明がつきます。そしてもし悪魔が成長しきってしまえば……「…隠れた女の子供として、転生するのよ」
野蛮な時代は終わりました。自分たち新悪魔は知的で理性的な存在だとハクアは言います…が、消防車に目を輝かせる知的で理性的なエルシィ…。

1e1a4c17.jpgf3950bec.jpg53e198b5.jpg








7ae59587.jpgd75d8ca4.jpge0913cc7.jpg









駆け魂は負のエネルギーの所に集まるということで、負のオーラが常に漂う野球部を見にいく桂馬たち。どう見ても逆境ナインです。本当に(ry
島本和彦さんの協力もらってるし、声優に関智一を起用してるし、無駄に気合入ってます。といっても、逆転勝利もなく大敗してるんですが…。
その後、負のエネルギーは生きてる人間でなくてもいいということで、桂馬たちは劇場へとやってきます。おばけが出るという噂通りの不気味さ。
そしてそこで駆け魂センサーに反応が…!「じゃ、僕はこれで」と帰ろうとする桂馬に「何で帰っちゃうのよぉ…」とハクアは不安げな表情。
自分が居ても仕方がない、あとはお前の仕事だと言う桂馬を引き止めるべく、この建物のことがわからないと建前を作るも、桂馬は言います。

「そんなのたいした問題じゃないだろ。お前はもう、十匹も駆け魂を捕まえてるんだから」
「待って!……わたし…わたし、駆け魂一匹も捕まえてないのよ!」

出て行こうとする桂馬に、ハクアはもじもじしたあげく、実は十匹どころか一匹も駆け魂を捕まえられていなかったことをカミングアウトします。
するとそこにエルシィから連絡が…。どうやらこの先の劇場内で生徒達がみんな気を失っているとのこと…。そして背後に出現する賭け魂…。
果たしてエルシィの運命は…?そしてハクアは無事に駆け魂を捕獲することができるのでしょうか?来週はハクア編クライマックスです。

ハクア可愛いよおおおおおおおお!!ハクアあぁあああぁあああ!!!


PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

プロフィール

名前 : クロー
性別 : ♂
出身 : 関西のド田舎
職業 : 学生
趣味 : アニメ鑑賞・ゲーム
目標 : まったり更新

自己満 糞サイト乙ですが
コメントは励みになったりします(*´∀`)
ご用件があればとりあえずこちらにどうぞ
always.claw@gmail.com

管理人のぼやき

最近すごく忙しくなってて
また何日か更新できないかもしれません
申し訳ないです…orz

2011/07/08/22:29

最新コメント

[07/05 まさむね]
[06/25 ダムダム人]
[06/24 まさむね]
[06/19 まさむね]
[06/09 まさむね]

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析